リサイクルショップの家具は安全??

お得で安全な中古家具選び

和家具と西洋家具の歴史

最近では街中にリサイクルショップと呼ばれる中古の品物を取り扱うお店が増えて、店内を見てみると大抵の場合は見た目は綺麗な状態の商品が多く、家具を購入する際に中古のものを選択肢の一つと考える方も多いはずです。 いくつかの角度から商品を見て、安心安全な家具選びをしていきましょう。

中古であっても安全な家具を選びたい!

私たちの生活に欠かすことのできないさまざまな家具。
どんな家具を使うかによってリラックスできる空間が変わってきます。
昨今では日本の家具のみならず、西洋の家具も普及し、自分のライフスタイルに合わせて選択することが常識となっていて、部屋作りの際の楽しみの一つとなる方も多いようです。

そんな生活の一部となっている家具の歴史を見ていきます。

日本の家具の歴史は、約450年前に遡ります。
当時はタンスなども収納が第一目的ではなく、仏具の一つとして厨子や小型のテーブルのようなものや屏風などのいわゆる調度品と呼ばれるものがほとんどだったようです。
江戸時代の後期頃には、着物や小物を収納のための家具の生産が始まりました。
明治時代に入ると現在に至る製造方法や塗装技術が確立していき、またこの頃からの本に西洋文化が入ってくるようになり、それと同時に西洋家具も取り入れられるようになりました。
昭和になると更に西洋化が進み、テーブルと椅子での生活が普通のこととなっていきますが、現代では和家具も見直されはじめています。

一方西洋家具は紀元前6世紀頃のギリシャ・ローマ時代には木製の家具や大理石や青銅などを使った家具が作られるようになり、12世紀世紀のフランスでは豪華な彫刻などが入った大型の家具が作られました。
ルネサンス時代に入ると今まで角ばって座り心地が良くなかった椅子にビロードを張るなどの使いやすさを意識するようになり、それ以降もデザイン性から使いやすさまで進化を続けています。

自分に合ったリサイクルショップ選び

たくさんあるリサイクルショップの中で、いつもどんなリサイクルショップを選んでいますか? お店によって買取方法や回収方法に違いがあるのでもしかしたら自分に合ったお店が選べていないかもしれません。 自分の環境や生活に合わせたお店選びをすればもっと快適にリサイクルショップを利用できるはずです。

どんな方法がお得?家具の買取り方法

リサイクルショップは買うだけではなく買い取ってもらうという役割もあります。 引っ越しなどで不要になった家具をどうしたらいいのか、選択肢はいくつかありますが自分にとって最もお得で楽な方法を選びたいですよね。 そんな時に上手くリサイクルショップを利用していきましょう。